<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> 増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?

増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?

増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?

最近気になるコマーシャルが流れています。

うつ病は、こころの症状だけでなく、頭痛や肩の痛みなどの身体の症状も現れます。

「身体の痛みがうつの症状とは知らなかった」という理由で、適切な治療を受けずにいる患者さんが多く存在します・・・・・・

このCMは、身体の痛みである肩コリや頭痛も「うつの症状」の一つで有る可能性が高いため、抗うつ剤が効果的です・・・と聞こえてしまうのは私だけでしょうか?

向精神薬とは大きく分けると、抗うつ剤、抗躁薬、抗不安薬(精神安定剤)、睡眠導入剤、抗てんかん薬などがあります。

一般的に良く知られるのが、抗うつ剤、抗不安薬(精神安定剤)、睡眠導入剤だと思います。

これらのお薬は、精神科ではなく内科でも普通に処方してもらえます。

そのせいか、眠れない、気分がすぐれないということで、安易にドクターからお薬を出してもらう人も少なくはありません。

年間販売高が170億円台だった抗うつ薬市場は、2007年には900億円を超えています。これは、1999年にSSRI(新型抗うつ薬)が発売されたためで、SSRIの増加とともに、うつ病患者が急増しているのです。

以前、「報道されない抗うつ薬副作用の恐怖」という記事が、雑誌に掲載されて話題になっていました。

「抗うつ薬の副作用」で、無差別殺人を引き起こしているのではないか・・・。向精神薬を処方されてから急に性格が変わったり、突発的な事件を起こしたりする事例が増えてると言われています。

向精神薬は、多剤処方が非常に多いのです。短剤では問題なくても、重複して出す場合は、その相互作用がどうなるかははっきりしていません。ですから、薬が問題で自殺や犯罪を起こしても、その因果関係は非常に難しいものになるのだそうです

あるテレビ番組、精神科のドクターが、何種類ものお薬を飲んでいるから、さらに症状を悪化させてる、基本は短剤処方であるべきなのに、複数の処方は有り得ないと言われていました。

向精神薬を飲まれている方のほとんどは3種類以上は飲まれていると思います。ひどい方になると7〜8種類も飲まれています。何年飲んでいても、一向に良くならないと聞くこともしばしばです。

軽い安定剤だからと服用しはじめて、量が増えていったり、眠れないからと安易に睡眠導入剤を飲む人は多いと思います。お年寄りに聞けば、ほとんどが睡眠導入剤に頼っているのではないかと思うくらいです。

睡眠導入剤が翌日まで残っていて、友人の父親は自動車事故を起こし、慌てて薬を止めたと言います。ご本人は、睡眠導入剤が残っているとは思わなくて、何となくぼ〜っとしているのは、年齢的なことだと思っていたようです。

安保教授は、癌の原因は「薬の飲み過ぎ、悩み過ぎ、働き過ぎ」と言われています。眠れないのは、寝よう寝ようと思うからかもしれません。眠れないと本でも読もうというくらいの気持ちでいることが大切なのだと思います。人間、睡眠が必要になれば、必ず眠れます。

向精神薬を使われている方、薬の量や本当に薬が必要なのかをよく考えて用いることをお薦めします。

日本ニュートリション協会 サプリメントアドバイザー最前線より

関連ページ

現代人を死に至らしめる生活習慣病
キレるについて
アメリカ人の健康意識を変えたマクガバンレポートとは?!
酵素って体にいいの?
6時間以上寝ると損する?! 前編
6時間以上寝ると損する?! 後編
サプリメントを日常的に摂取することの意味
サプリメントの正しい摂取方法
食品添加物の危険度と体への影響
サプリメントを有効に利用できていますか?
有機栽培と自然栽培の違い
自分や家族が口にするものをもっと意識するべきです
増加している認知症の原因は?
これでもマーガリンを使用していますか?
周りに振り回されずに自分が決める時代
癌と告知されたらどう感じ、どんな行動をとりますか?
大病が治る人と治らない人の違い
ネガティブな思いはほとんど叶う!
それほどまでに関わってくる病気とココロの関係
2025年問題とは?
西洋医学の限界
脳卒中を防ぐ5つの習慣とは
空腹が病気を治す、免疫力をあげる!
更年期症状とうまく付き合う
減塩による熱中症の危険性
市販薬による副作用
甘いものが止められない理由
体が硬いと腰痛を起こしやすい
ロコモティブシンドロームの恐怖
癌から送られるメッセージ
最近増えている「自己免疫疾患」
異常気象で見直す自分のカラダ
自分を本当に信じていますか?
ワクチンは本当に必要なのでしょうか?
キレる?老人の増加
お薬では病気は治せません!
「わたし」が治れば病気は治る!
エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。
健康は何もしないでは手に入れられない時代です!
二十歳の老体
痩せない理由
体調不良の原因は「パン」だった!
インフルエンザにかからない体を作るには!!
ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)の危険性
血糖値スパイク
食品のトランス脂肪酸、23年までの根絶を呼びかけ WHO