<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> 大病が治る人と治らない人の違い

大病が治る人と治らない人の違い

大病が治る人と治らない人の違い

私たちの身体は、もともと健康でいるようにできています。動物たちは、怪我をしたり不調になれば、身体を休めます。その間は、食事もほとんど摂らないのだそうです。

自然治癒力を全開するために、消化のためにエネルギーを使うことも惜しみ、病気を治すために注ぎます。

人間も同じで、ちょっとした不調であれば、身体を休めると改善します。

ですが、大病になったと言うことは、食べ物や生活習慣、心の持ち方や考え方が自然の流れに反していたとのメッセージでもあります。

自分でそれに気づき、身体や考えを今までとは変えていかなければ、病気を克服することは難しいのです。

ですが、大病をするとどうして自分だけがと嘆き、他人のせいにすることも多々あります。その上、自分の身体をお医者様にすべてをゆだねてしまう人が多いと思います。

自分の身体のことは自分が一番良くわかっているはずです。お医者様でも、他人の身体のことをすべては把握できません。

自分にはわからないということであれば、それは自分の身体を放棄していることになり、それでは身体は健康に戻ろうとはしないはずです。

車はガソリンがないと走りません。人間の身体も同じように、エネルギーを注入できてはじめて動くことができます。

身体も同じように器なのです。その器を動かすエネルギーがあるから、常に身体はきちんと働きます。そのエネルギーの注入を邪魔したり、エネルギーを低下させるのが、間違った食事や生活習慣、考え方ということになります。

病気になったということは、間違っていた何かに気づくための試練でもあります。

大病を劇的に克服されている方は、病気になって気づくことがたくさんあったと話されます。病気になって良かったとまで言われます。また、今までの生活習慣や食生活、考え方などを見直して、自分が変わろうとされます。

病気になってしまったことを悔んでも、過去は変えることはできません。未来を心配しても、まだ決まっているわけではありません。たとえ余命宣告を受けても、それは今までの経験値からの判断です。それがすべて正しいとは限らないのです。

人間の身体はすべて違います。誰ひとり同じ人はいないわけですから、今までのデータが当てはまるかどうかはわからないことです。

ですが、ほとんどの人が、あてはまるかどうかわからない経験値だけを信じてしまいます。そのために、否定しながらもそれを目標にして進んでしまうことにもなります。

平均点はどうか、人はどうか、今まではどうかを常に意識させられてきた私たちは、何か基準がなければ判断できなくなっています。自分が感じるといった漠然としたものには全く自信がありません。

病気になったことは、自分の身体への意識に自信を持つことが求められているのだと思います。

心配性だからという人がいますが、「心配」というネガティブな思いは、別のネガティブな事を引き寄せます。「類は類を呼ぶ」と言うことわざ通り、同じような考えの人も集まりやすいのですが、同じような思いも集まってきます。

ポジティブな考えでいる必要性は、ポジティブな思いを引き寄せるためです。特に大病を患ったら、後ろを向いてしまいやすくなりますが、それでも前を向いて進むことが必要だとされているのです。

それは、病気を治し健康な身体に戻すためには絶対に必要なことです。

もし、なかなかできないと思われるなら、自分が没頭できる好きなこと(趣味)を見つけることをお薦めします。没頭している間は、病気を忘れることができます。ネガティブな考えが頭から離れれば、ネガティブな事を引き寄せなくて済みます。

悩んでも悩まなくても現状は変わらないだけでなく、逆に悩むことでネガティブな事をどんどん引き寄せてしまうなら、心配や悩みは忘れてポジティブな考えに変えるべきです。

それが、大病を克服できるかどうかの分かれ道にもなるのです。

日本ニュートリション協会  サプリメントアドバイザー最前線より

関連ページ

現代人を死に至らしめる生活習慣病
キレるについて
アメリカ人の健康意識を変えたマクガバンレポートとは?!
酵素って体にいいの?
6時間以上寝ると損する?! 前編
6時間以上寝ると損する?! 後編
サプリメントを日常的に摂取することの意味
サプリメントの正しい摂取方法
食品添加物の危険度と体への影響
サプリメントを有効に利用できていますか?
有機栽培と自然栽培の違い
自分や家族が口にするものをもっと意識するべきです
増加している認知症の原因は?
これでもマーガリンを使用していますか?
周りに振り回されずに自分が決める時代
癌と告知されたらどう感じ、どんな行動をとりますか?
ネガティブな思いはほとんど叶う!
それほどまでに関わってくる病気とココロの関係
2025年問題とは?
西洋医学の限界
脳卒中を防ぐ5つの習慣とは
空腹が病気を治す、免疫力をあげる!
更年期症状とうまく付き合う
減塩による熱中症の危険性
市販薬による副作用
甘いものが止められない理由
体が硬いと腰痛を起こしやすい
ロコモティブシンドロームの恐怖
増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?
癌から送られるメッセージ
最近増えている「自己免疫疾患」
異常気象で見直す自分のカラダ
自分を本当に信じていますか?
ワクチンは本当に必要なのでしょうか?
キレる?老人の増加
お薬では病気は治せません!
「わたし」が治れば病気は治る!
エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。
健康は何もしないでは手に入れられない時代です!
二十歳の老体
痩せない理由
体調不良の原因は「パン」だった!
インフルエンザにかからない体を作るには!!
ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)の危険性
血糖値スパイク
食品のトランス脂肪酸、23年までの根絶を呼びかけ WHO