<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> 甘いものが止められない理由

甘いものが止められない理由

甘いものが止められない理由

甘い物がクセになっている人は意外に多いようです。
 
カウンセリングで、毎日数枚のチョコレートを食べないといられないという人がいました。
 
会社のデスクの引き出し1段分は、すべてチョコレートと言われていました。
 
じゃあ、どうして甘いものは止められなくなるのでしょうか?
 
甘い物や清涼飲料水に含まれる精製された糖分は、急速に体内で吸収されて、高血糖を引き起こします。
 
人間の身体にはバランスを取ろうという機能が生まれつき備わっています。
 
この急激に上がった血糖値を下げようと、膵臓から大量のインシュリンが分泌され、血糖値を低下させます。
 
すると、血糖値を上げるホルモン(グルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンなど)が出されます。
 
こうして、急激な変化をくり返すことで血糖の調節がスムーズに行えなくなり、低血糖を起こしやすくなります。
 
私たちの身体は、血糖値が上がってくると肝臓がグルコース(ブドウ糖)からグリコーゲンに変えて貯蔵します。
 
血液中のグルコースがどんどん取り込まれるために、血液中のグルコースは低下し血糖値が下がります。
 
身体が血糖値の低下を感知すると、今度はグリコーゲンからグルコースへ分解され、血糖値を上げようとしますが、その時に副腎から多く分泌されるのがアドレナリンです。
 
アドレナリンは神経伝達物質で攻撃ホルモンと言われ、イライラさせる作用があります。
 
というわけで、低血糖になるとイライラしやすくなり、すぐにまた甘い物をほしくなってしまうのです。
 
脳にとってのエネルギー源はグルコースです。脳はグルコースを蓄えることができません。
 
そのため、エネルギーとして常にグルコースが必要なのです。
 
しかし、糖分を過剰に摂取していると、低血糖につながってしまいます。
 
低血糖に陥った脳は、エネルギー源であるグルコースが不足するので、頭が働かなかったりボーっとしたり、さらには脳細胞の破壊にもつながってしまいます。
 
低血糖になると、脳を優先的に守ろうとして血液が脳に集中するため、体の臓器や末梢血管までの血流が悪くなり、手足の冷えや皮膚の疾患などが起こるといわれます。
 
また、アレルギーなどが起こりやすいのも低血糖時だと考えられています。低血糖状態は精神と体の両方にストレスを生み出し、疲れや飢餓感、頭痛、震え、不安感などの症状につながってしまいます。

日本ニュートリション協会  サプリメントアドバイザー最前線より

関連ページ

現代人を死に至らしめる生活習慣病
キレるについて
アメリカ人の健康意識を変えたマクガバンレポートとは?!
酵素って体にいいの?
6時間以上寝ると損する?! 前編
6時間以上寝ると損する?! 後編
サプリメントを日常的に摂取することの意味
サプリメントの正しい摂取方法
食品添加物の危険度と体への影響
サプリメントを有効に利用できていますか?
有機栽培と自然栽培の違い
自分や家族が口にするものをもっと意識するべきです
増加している認知症の原因は?
これでもマーガリンを使用していますか?
周りに振り回されずに自分が決める時代
癌と告知されたらどう感じ、どんな行動をとりますか?
大病が治る人と治らない人の違い
ネガティブな思いはほとんど叶う!
それほどまでに関わってくる病気とココロの関係
2025年問題とは?
西洋医学の限界
脳卒中を防ぐ5つの習慣とは
空腹が病気を治す、免疫力をあげる!
更年期症状とうまく付き合う
減塩による熱中症の危険性
市販薬による副作用
体が硬いと腰痛を起こしやすい
ロコモティブシンドロームの恐怖
増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?
癌から送られるメッセージ
最近増えている「自己免疫疾患」
異常気象で見直す自分のカラダ
自分を本当に信じていますか?
ワクチンは本当に必要なのでしょうか?
キレる?老人の増加
お薬では病気は治せません!
「わたし」が治れば病気は治る!
エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。
健康は何もしないでは手に入れられない時代です!
二十歳の老体
痩せない理由
体調不良の原因は「パン」だった!
インフルエンザにかからない体を作るには!!
ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)の危険性
血糖値スパイク
食品のトランス脂肪酸、23年までの根絶を呼びかけ WHO