<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。

エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。

エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。

先日(20151221日)九州に住む20代男性が昨年、カフェインを過剰に摂取し、中毒死していたというショッキングなニュース報道されました。

気になってカフェイン入りドリンク(エナジードリンク)で検索してみるとエナジードリンクのバッシング記事が満載(^^;

マスコミが良いといえば、皆で飛びつき、悪い報道がでれば、皆で攻撃する」という日本人の悪い癖がでているようです(^_^;)

本当にエナジードリンクは悪いものなのでしょうか?

そこで今回は主にエナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。

そもそもカフェインとは何でしょう。

Wikipediaによると「アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつである。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。」なっています。

興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつとして覚醒作用があるというところから、摂取すると目が覚めたり、元気になったりという感覚になります。

それではどのくらい摂取すると死に至るのでしょうか?

急性毒性の強さの尺度として用いられる半数致死用量LD50)というのがあります。これは、人間の半数が死に至る用量で、単位としては普通mg/kg であらわします。

カフェインのLD50は約200 mg/kgで、体重50 kgの場合、10,000 mg10gになります。

人気エナジードリンクの100ccあたりのカフェイン量を調べると下記の通りとなりました。

因みにコーヒー(ドリップコーヒー)のカフェイン量は100ccあたり約70 mgです。
品   名 メーカー名 カフェイン量
100ccあたり)

レッドブル レッドブル・ジャパン 32 mg
モンスターエナジー アサヒ飲料 34 mg
バーンエナジードリンク 日本コカ・コーラ 32 mg
メガシャキ ハウスウェルネスフーズ 100 mg
眠眠打破 常盤薬品工業 240 mg
エクセス 日本アムウェイ
90 mg
(コーヒーの1.3倍)
体重50 kgの人が、カフェインのLD50に達するには一番カフェイン量の多い眠眠打破で約4,200ccで本数に換算すると84/50cc。一番カフェイン量の少ないレッドブルで換算すると31,250ccでこちらも本数で換算すると125/250ccでいずれにしても非常識な量を飲まなければLD50に達しません。

常識的に考えると普通の量(仮に23/day)を常用したとしても健康が害される可能性は極めて低いと考えられます。

報道によると被害にあわれた男性の血液中のカフェイン含有量は致死量に達する量であったそうです。カフェインの錠剤も服用されてたそうで非常識な量のカフェインを摂っていたことは間違いないようです。

また、SSRI系抗うつ薬などの薬を服用していると体内でのカフェイン分解が阻害されるので注意したいものです。

いずれにしてもエナジードリンク(常識の範囲の量)を飲んで健康を害したり、ましてや死に至るなんてことは、かなり可能性の低いことになります。

私自身もお気に入りのエナジードリンクを毎日楽しんで飲んでいます。「過ぎたるは及ばざるがごとし」どんなに良いものでも摂りすぎはいけません。

私としてはエナジードリンクに含まれるカフェインより糖の量の方が気になりますけどね(^_^;)

関連ページ

現代人を死に至らしめる生活習慣病
キレるについて
アメリカ人の健康意識を変えたマクガバンレポートとは?!
酵素って体にいいの?
6時間以上寝ると損する?! 前編
6時間以上寝ると損する?! 後編
サプリメントを日常的に摂取することの意味
サプリメントの正しい摂取方法
食品添加物の危険度と体への影響
サプリメントを有効に利用できていますか?
有機栽培と自然栽培の違い
自分や家族が口にするものをもっと意識するべきです
増加している認知症の原因は?
これでもマーガリンを使用していますか?
周りに振り回されずに自分が決める時代
癌と告知されたらどう感じ、どんな行動をとりますか?
大病が治る人と治らない人の違い
ネガティブな思いはほとんど叶う!
それほどまでに関わってくる病気とココロの関係
2025年問題とは?
西洋医学の限界
脳卒中を防ぐ5つの習慣とは
空腹が病気を治す、免疫力をあげる!
更年期症状とうまく付き合う
減塩による熱中症の危険性
市販薬による副作用
甘いものが止められない理由
体が硬いと腰痛を起こしやすい
ロコモティブシンドロームの恐怖
増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?
癌から送られるメッセージ
最近増えている「自己免疫疾患」
異常気象で見直す自分のカラダ
自分を本当に信じていますか?
ワクチンは本当に必要なのでしょうか?
キレる?老人の増加
お薬では病気は治せません!
「わたし」が治れば病気は治る!
健康は何もしないでは手に入れられない時代です!
二十歳の老体
痩せない理由
体調不良の原因は「パン」だった!
インフルエンザにかからない体を作るには!!
ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)の危険性
血糖値スパイク
食品のトランス脂肪酸、23年までの根絶を呼びかけ WHO