<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> 現代人を死に至らしめる生活習慣病

現代人を死に至らしめる生活習慣病

現代人を死に至らしめる生活習慣病

1996年、厚生省(現・厚生労働省)は、がん、脳卒中、糖尿病などの呼称を「成人病」ではなく「生活習慣病」であると変更した。これらの病気は、年齢よりも日常の食事、運動、喫煙などの生活習慣によって引き起こされるものだと考えられるようになったからである。

例えば、小中学生の3〜5人に1人は肥満もしくは高コレステロールなどの成人病予備軍であるというデータがあり、がん、脳卒中、糖尿病などは中高年者特有の病気、つまり成人病とは呼べなくなったのである。現代社会に生きる子供は大人と同じようなストレスを抱えていることを考えれば、当然の結果だといえる。

こうした生活習慣病を予防するには、ビタミンやミネラルを積極的に摂取する必要性がある。しかしながら、日本ではビタミンやミネラルの必要性をあまり理解されていない。また、日常の食事だけでは体に必要なビタミンやミネラルを摂取することができないという知識もまだまだ浸透していないようだ。健康に対する意識が非常に高いアメリカでさえも、実は、人口のおよそ3%しかバランスのとれた栄養を摂っていないと言われている。

1日あたりに必要なビタミン類を食事で摂取しようとすると野菜や果物をバケツ単位で食べなくてはならない。しかもストレスになどによってビタミン類が損なわれてしまうため、多くのストレスにさらされている現代人にとって、ビタミン類を体内にとどめておくのは非常に難しくなる。

1997年、日本人の20代から60代までの約2万3,000人の成人男女の検査を行ったところ、正常または異常があっても日常生活には困らないと判定された健康な人は全体のわずか5%に過ぎなかった。逆に、異常と判定された人は全体の59%にも及んでいた。当然、異常と判断された人はかなり高い確率で生活習慣病になるとみて間違いないだろう。

異常を認めたり、発病してから病院に通っても、時すでに遅しである。日常の食事でビタミンやミネラルをしっかりと摂取し、あるいはサプリメントを積極的に利用することが、生活習慣病を予防する最善の方法なのではないだろうか。

情報提供:日本ニュートリション協会 最新アメリカ栄養学の基礎知識

関連ページ

キレるについて
アメリカ人の健康意識を変えたマクガバンレポートとは?!
酵素って体にいいの?
6時間以上寝ると損する?! 前編
6時間以上寝ると損する?! 後編
サプリメントを日常的に摂取することの意味
サプリメントの正しい摂取方法
食品添加物の危険度と体への影響
サプリメントを有効に利用できていますか?
有機栽培と自然栽培の違い
自分や家族が口にするものをもっと意識するべきです
増加している認知症の原因は?
これでもマーガリンを使用していますか?
周りに振り回されずに自分が決める時代
癌と告知されたらどう感じ、どんな行動をとりますか?
大病が治る人と治らない人の違い
ネガティブな思いはほとんど叶う!
それほどまでに関わってくる病気とココロの関係
2025年問題とは?
西洋医学の限界
脳卒中を防ぐ5つの習慣とは
空腹が病気を治す、免疫力をあげる!
更年期症状とうまく付き合う
減塩による熱中症の危険性
市販薬による副作用
甘いものが止められない理由
体が硬いと腰痛を起こしやすい
ロコモティブシンドロームの恐怖
増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?
癌から送られるメッセージ
最近増えている「自己免疫疾患」
異常気象で見直す自分のカラダ
自分を本当に信じていますか?
ワクチンは本当に必要なのでしょうか?
キレる?老人の増加
お薬では病気は治せません!
「わたし」が治れば病気は治る!
エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。
健康は何もしないでは手に入れられない時代です!
二十歳の老体
痩せない理由
体調不良の原因は「パン」だった!
インフルエンザにかからない体を作るには!!
ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)の危険性
血糖値スパイク
食品のトランス脂肪酸、23年までの根絶を呼びかけ WHO