コレステロールの話

コレステロールの話

悪の代表と思われているコレステロールは実は、細胞膜を作ったり、ホルモン合成の原料になったりと、人が生きていく為には欠かせない物質です。

コレステロールは肝臓などで作られ肝臓から全身に運ばれるとき、血液に溶けやすいように低比重タンパク(LDL)に包まれ、LDL−コレステロール、いわゆる悪玉コレステロールとなります。

LDL−コレステロールは、普通に血液中に存在している時は特に問題はありませんが、ひとたび酸化すると「悪玉」に変わります。
 
活性酸素などで酸化されたLDL−コレステロールは、体内の不要物を排除する細胞であるマクロファージに敵として判断され、無制限に取り込まれていきます。

コレステロールを取り込んだマクロファージは血管壁に蓄積し、血管を狭め動脈硬化が進行していきます。但し、人の体はうまくできていまして、悪玉コレステロールの掃除役がいるのです。それがHDL−コレステロール、いわゆる善玉コレステロールなのです。

このコレステロールは高比重タンパク(HDL)に包まれており、組織中の余分な「悪玉」を取り込んで肝臓にもどす作用があります。まったく人の体はすばらしいですね。

しかし、近年、食べ物の欧米化によって、脂肪の摂り過ぎ、繊維質の不足、抗酸化物質の不足などによって「LDLーコレステロール」と「HDLーコレステロール」のバランスがくずれたり、LDLーコレステロール酸化が進むなどから、恐ろしい動脈硬化など生活習慣病へと進行して行くのです。

これを根本的に改善するには食生活を改善するしかありません。毎日の食生活の中で、なるべく脂肪の摂取を抑え、食物繊維や抗酸化物質に富む野菜などを摂ることをお勧めします。

コレステロールの話記事一覧

悪の代表コレステロール

健康診断で必ずといってよいほどに検査をするコレステロール!一般的に総コレステロールが220mg/dl以上が高コレステロール症です。コレステロールは、動脈硬化など心疾患、脳疾患などの原因といわれています。悪の代表と思われているコレステロール。実は、細胞を守る細胞膜を作ったり、体の機能をコントロールする...

≫続きを読む

 

卵を食べるとコレステロールが高くなる?

結論からお話しますと、卵を食べてもコレステロールの心配はほとんどありません!ではなぜこのような誤解が生じたのでしょうか?それは1913年、約100年前の話です。ロシアの病理学者ニコライ・アニチコアさんらが、ウサギに卵を与える実験を行いました。するとウサギのコレステロール値が上がり、大動脈にコレステロ...

≫続きを読む

 

コレステロール値を下げる薬の正体とは?

日本では、心筋梗塞など血管の病気による死亡が増え、2004年には年間28万人を超える方が血管の病気で亡くなっています。1960年代の初めに、高コレステロールが血管の病気の大きな原因の1つである事がわかりました。しかし、当時コレステロールを下げる良い薬がありませんでした。1970年代初め、現在東京農工...

≫続きを読む