<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> 最近増えている「自己免疫疾患」

最近増えている「自己免疫疾患」

最近増えている「自己免疫疾患」

「自己免疫疾患」が非常に増えていると言われています。「自己免疫疾患」とはどんな病気なのでしょうか?

【私たちの体を守る免疫システム】
私たちの体は、外部から異物が進入するとそれから体を守るために、免疫システムというものが備わっています。まず、体に異物が進入すると、まず粘膜で食い止められます。そこで守りきれなかった異物に対しては、涙などの分泌物で洗い流されるようになっています。

次の防御は血液中の白血球です。異物を見つけて破壊しようとします。この時、異物か異物でないかの認識が必要になってきます。異物は抗原と呼ばれ、白血球内のリンパ球などの攻撃部隊が作り出し、血液に乗って必要とされる部位に運ばれ、抗体やリンパ球の働きによって生体内から除去されます。

胸腺では、白血球の1種であるTリンパ球という攻撃部隊が作られ、異物をきちんと認識する一方で、自身の抗原は無視するように訓練されます。このTリンパ球は、特異免疫と言われています。

【自己免疫疾患ってどんな病気?】
この免疫システムになんらかの異常が起こると、自分の組織を異物と認識して、自己抗体と呼ばれる異常な抗体を作ってしまい、体内の特定の細胞や組織を目標にして攻撃してしまいます。この反応は自己免疫反応といい、炎症を起こしたり、組織が損傷します。痛みなどを伴うことも多くつらい病気です。

この病気にどんなものがあるかというと、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、バセドウ病、橋本病、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、潰瘍性大腸炎などで、体のあちこちが攻撃対象になるため、病気もいろいろな臓器で起こります。

現在、これらの病気の治療は、ステロイド、免疫抑制剤、血漿交換療法など免疫系全般を抑制するものが主流です。根本的な治療はなく、対症療法が中心です。

【自己免疫疾患と心の関係】
地球に異常気象が起きてきているように、私たちの身体も、本来の働きを見失いつつあるのかもしれません。それは、添加物の多い食生活であったり、悪い生活習慣によるものである可能性も大きいと思います。

この病気の心の思い癖としては、批判や自己拒絶、自己攻撃を反映していると考えられています。自分の内面との葛藤が大きくなったり、他人との対立に苦しんだりしているのかもしれません。それは、現在起きていることかもわかりませんし、過去をひきずっているのかもわかりません。

自己否定が強かったり、自己を犠牲にしてまでがんばっていることもあるようです。

起きてしまったことは、意味があって自分が引き寄せた出来事です。後悔したり気にしたりするのではなく、今ある自分ときちんと向き合うことが大切です。

日本ニュートリション協会 サプリメントアドバイザー最前線より

関連ページ

現代人を死に至らしめる生活習慣病
キレるについて
アメリカ人の健康意識を変えたマクガバンレポートとは?!
酵素って体にいいの?
6時間以上寝ると損する?! 前編
6時間以上寝ると損する?! 後編
サプリメントを日常的に摂取することの意味
サプリメントの正しい摂取方法
食品添加物の危険度と体への影響
サプリメントを有効に利用できていますか?
有機栽培と自然栽培の違い
自分や家族が口にするものをもっと意識するべきです
増加している認知症の原因は?
これでもマーガリンを使用していますか?
周りに振り回されずに自分が決める時代
癌と告知されたらどう感じ、どんな行動をとりますか?
大病が治る人と治らない人の違い
ネガティブな思いはほとんど叶う!
それほどまでに関わってくる病気とココロの関係
2025年問題とは?
西洋医学の限界
脳卒中を防ぐ5つの習慣とは
空腹が病気を治す、免疫力をあげる!
更年期症状とうまく付き合う
減塩による熱中症の危険性
市販薬による副作用
甘いものが止められない理由
体が硬いと腰痛を起こしやすい
ロコモティブシンドロームの恐怖
増えている向精神薬とは・・・安易に飲んでいませんか?
癌から送られるメッセージ
異常気象で見直す自分のカラダ
自分を本当に信じていますか?
ワクチンは本当に必要なのでしょうか?
キレる?老人の増加
お薬では病気は治せません!
「わたし」が治れば病気は治る!
エナジードリンクを対象にカフェインについて書いてみました。
健康は何もしないでは手に入れられない時代です!
二十歳の老体
痩せない理由
体調不良の原因は「パン」だった!
インフルエンザにかからない体を作るには!!
ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)の危険性
血糖値スパイク
食品のトランス脂肪酸、23年までの根絶を呼びかけ WHO